よむためにうまれて

これは、子どもの本の専門店や、気に入った本屋さんのはなし、などなど、上昇気流にのって旋回する沖合いのカモメのように、子どもの本のまわりをぐるぐるする記録です。

お医者さんの質 ーイギリス医療事情②―

結局、私はGP(ホームドクター)にはかかっていないので、

GPとプライベート・ドクターを比べたときに

質が違うのかどうかは分かりません。

ただ、留学エージェントやネットに出てくる情報の中には、

GPのお医者さんの質はそこまでよくないので、

プライベートクリニックをおすすめする、というようなことも書かれてあります。

ただ、日本の巷のホームドクターと比べれば、

圧倒的に質は劣るのでは、、、という思いはぬぐえませんでした。

続きを読む

体調をこわしました。―イギリス医療事情①ー

先月10日から全然更新できませんでした。

おりしも最後のログにエッセイの締め切りがたてこんでくると

食事が適当なものになってくると書いていますが、

その後、これから1週間後くらいにお腹を壊し、

最初はウイルス性か細菌性の胃腸炎だろうと思っていたのですが、

そこから何と3週間!

症状がいっこうに改善していません。

せっかくなので、医療事情を日本と比較してブログのネタにすることにしました。

そうでもしないと、不安で仕方がありません。。。

 

続きを読む

お気に入りな飲み物:エルダーフラワー

アサインメント完成までまだ道のりの半分しか来ていません。

いえ、ポジティブに、半分まで来たのだから、

もう折り返し地点は回れている!と思うことにします。

 

課題で忙しいときは、ついつい自炊がおろそかになります。

夕飯をラーメンで済ませたり、

出来合いのラザニアを「チン」したり、

ピザをオーブンに放り込むだけだったり、

それくらいで済ませるのが、ほぼ習慣になってきました。

 

そうなってくると、

ただでさえおろそかな食事をお気に入りのもので

少しくらいは癒されたい、と思うようになります。

 

こちらに来てから4カ月。

最初にお気に入りリストに入ってきたのが、こちらのジュースです。

f:id:tokyomanatee:20190110063418j:image

右の可愛らしいボトルは、

Belvoir (Light) Elderflower Presse 。

近所のTescoで売っています。

とってもさわやかな香りに、ほんのり酸味のはいった微炭酸飲料で、

ボトルのデザインもかわいいし、

いつも読まなきゃいけないもので追われている時間の中、

一瞬の癒しが香りとともに生まれます。

寮の中ではアロマキャンドルやお香など、

火を使う匂いのものは禁止されているので、

いい香りに飢えているのかもしれません(笑)。

 

ウィキペディアからの受け売りでは、

エルダーフラワーのジュースの歴史は、ローマ時代までさかのぼるそうです。

お花の季節は春~初夏のようで、

さわやかな季節にぴったりの小さくて淡いレモン色をした、

とっても華憐なお花です。

 

左のボトルは、アップル味とレモンの酸味と、エルダーフラワーの香りに

マテ茶がブレンドされているジュースです。

さわやかさとちょうどいい甘さで、

スーパーで見かけるたびに買っています。

 

と、いうわけで、

お気に入りのジュースシリーズでした~。

帰国便にて、2019年初読了本:”North to the Orient” ー さよなら考

年末から年明けにかけて一時帰国していました。

3週間くらいもあったので、デジタル資料を大量にブックマーク&ダウンロードし、

本も10冊くらい年明けの課題用の資料を詰め込んで帰国しましたが、

結局、、、わかりきったことではあったけど、

半分もやっておこうと思ったことをできないままでした。。。

地元とはかくも居心地のよい環境でございます。

 

とはいえ、12時間以上かかるフライトは、至福の読書タイムでもあります。

機内の窓際の席に体を落ち着けて、食事も飲み物も時間がきたら運んできてくれる、

こんなすてきな“動く喫茶店”もないもんです。笑

だいぶ読書がはかどりました。

初読了本は、かねてからずっとイギリスへ行ったら手に入れたい、

と思っていたアン・モロー・リンドバーグNorth to the Orient でした。

 

続きを読む

児童文学を学ぶための留学  ー大学列挙編②

前回の大学列挙編の続きです。

 

 

さてさて、以下、イギリスの大学がどどどどと続きます。

さすが児童文学王国イギリス。

私の調べた限りでは全部で6校が児童文学の修士以上のコースを持っていて、

それぞれに特色があります。

続きを読む