よむためにうまれて

子どもの本の専門店や本屋さんのはなしなどの記録。上昇気流にのって旋回する沖合いのカモメのように、子どもの本のまわりをぐるぐるしながら、ぷかぷかと日々に浮かぶマナティのような個人的記録も編んでいます。

子どもの本好きのロンドン旅行ー④ House of Illustration

さて、ロンドン旅行の続き。

今回は、キングス・クロスにある、

ハウス・オブ・イラストレーションの記事です。

・・・しかし、残念ながらあまりにもボートの本屋さんに興奮してしまい、

その後に訪れたハウス・オブ・イラストレーションの外観を撮るのを

すっかりわすれてしましました。。。。

続きを読む

年に二度くる姪っ子への絵本のプレゼント

6月に入って、新緑がみるみるうちに

深い緑へ変わっていくのがわかります。

時の流れがこんなに早いものなのか、と緑に教えられていて、

うかうかしているとあっという間に7月だな、と思っている今日この頃、

図書館に新しいお気に入りのスペースをみつけました。

9階の窓からは町の向こうに広がる緑がよく見えて、

パソコンから目を離してふと考えごとにとらわれては、

またパソコンと本にかじりつく時間がつづいています。

続きを読む

(イギリス) グラスゴーの古本屋さん② Thistle Bookshop

ロンドンからもどって、スコットランドはまた雨の日々がつづいています。

部屋の中では春物を着ていますが、

外へでるときは、またダウンを着ています。

晴れる日はとても暑くなるのですが、

雨がふるととたんに寒さがもどってきます。

続きを読む

子どもの本好きのロンドン旅行 ―③ボートの本屋さん:Word on the Water

というわけで、

すみからすみまで物色したあとで、

本屋さんから出てきました。

ちなみにお会計は現金でもクレジットカードでも大丈夫だそうです。

 

続きを読む

子どもの本好きのロンドン旅行 ―②ボートの本屋さん:Word on the Water

さて、前回のつづきです。

私とクラスメートはキングス・クロス近くにあるカナルに浮かぶ

ボートの本屋さんをみつけました。

続きを読む

子どもの本好きのロンドン旅行 ―①ボートの本屋さん Word on the Water

 随分とブログをおやすみしてしまいました。。。

後期のセメスターの課題をすべて終えて、すぐにまた修士論文にとりかかっています。

そんな中、つかの間をぬって、論文執筆におわれはじめる前に、

クラスメートとロンドンに行ってきました。

先月も2泊3日でビアトリクス・ポター湖水地方に旅行したのですが、

そのこともブログにあげられないままです。

(そしてウィンダミアではめぼしい本屋さんを訪ねることができませんでした。)

 

とりあえずまずは、直近のロンドンのおはなしから・・・。

続きを読む

近況(ラップトップを壊してから1か月)

体調不良に始まり、いろんなものを失くしたり壊したりしている、と書きましたが、

ラップトップを水没させてしまってからというもの、

課題をこなすために毎日大学の図書館にはりつめる日々です。

そうでなくても、自分の部屋に戻るとあまり勉強できないので、

図書館で勉強するようにしているのですが、

いつもは気分転換を兼ねて、中心部よりの別の図書館(それについてはコチラに書いてます)

などでも勉強したりしていました。

でもラップトップ無し生活になってから1か月ほど、800台以上のパソコンが整えられている大学図書館に通いつめています。

はてなブログはアプリで携帯からでも書けるから便利だけれど、

私にはどうもちまちま指を動かして書くことができません。

指の動きと、物を書く時の脳の筋力は絶対連動していると信じていて、

鉛筆を握らないとかけない、とか、

パソコンに向かって両手を動かしてタイプしないとかけない、とか、

そういう身体の習慣と脳みそは一緒に進化しているんだろうなと思っています。

続きを読む