よむためにうまれて

子どもの本の専門店や本屋さんのはなしなどの記録。上昇気流にのって旋回する沖合いのカモメのように、子どもの本のまわりをぐるぐるしながら、ぷかぷかと日々に浮かぶマナティのような個人的記録も編んでいます。

大英図書館

ロンドン滞在中に、

ハウス・オブ・イラストレーション主催の

オリバー・ジェファーズのトークイベントがあったので、

友達と予約をして行ってきました!!

本物のオリバー・ジェファーズだよ~~!

と、友達と(★▽★)⇦こういう状態になってしまいました。

さて、その日のイベントは夜7時~だったので、

友達との待ち合わせ時間まで

3時間くらい空いてしまいました。

そこで、大英図書館でぼーっとしてから、

キングス・クロスの駅中の軽食で

腹ごしらえをしてから向かうことにしました。

続きを読む

ロンドン:安野光雅展―Anno's Journey@ジャパンハウス

日本に帰国してから,

十日です。

日本は便利だな~,

なんでもおいしいな~,

また台風くるな~,

災害大国だな~・・・,

だから人がこんなにやさしくなるのかな~,

と,まだまだ物珍しい目で

日本を眺めている心境です。

でも,

すこし,イギリスもなつかしいです。

続きを読む

(留学ばなし)日本から持ってきたらよかった・・・(´・ω・`)と後悔したもの②

同じタイトルで書いていたもののつづきです。

留学中に、アレを日本から持って来ればよかったぁ!と思ったもののご紹介をします。

 

続きを読む

Chawton日帰り旅行(おまけ)

Chawtonは、Jane Austen's Houseの向かい側に

B&Bもあったので、

街に泊まることもできるようです。

泊まるほどに見るべきものは

Jane Austen's HouseとChawton Houseしかないですが、

周辺の家が本当にかわいらしくて、

それを眺めてお散歩するだけでもいやされます。

f:id:tokyomanatee:20190915074012j:image

続きを読む

ジェーンをたずねて③:Jane Austen's House

日本に帰国してから時差ぼけつづきで、

午後2時以降は徹夜明けの朝なみの

ぼんやりとした頭になってしまい、

4時くらいになると眠気の限界がやってきてしまって、

軽く1時間くらいは寝てしまいます。

そして今朝は4時には目がさめてしまいました。。。

さて、Jane Austen's Houseのつづきです。

館内の様子から興味深かった展示と建物の雰囲気だけ

さくさくっとご紹介します。

まずはこちら☟

f:id:tokyomanatee:20190915073239j:image

ジェーンの当時の財産の記録です!

これは確か、前回の記事で載せたジェーンが執筆によく使っていたという丸テーブルの置いてある1階の部屋に掲げられていました。

おもしろかったです。

当時のポンド価格で書かれているので、

日本人としてはそれがいったいどれくらいの価値なのかは

わからないのですが、

彼女の収入の中で、いかに著作からのお金が占めていたかを

説明してあり、興味深かったです。

(自分が写ってしまうので、斜め方向からの撮影になっています)

 

次がこちら☟

(どこの部屋においてあったか忘れてしまいましたが、2階でした。)

イングランド銀行が紙幣を2017年に新たなデザインにした際、

10ポンド札にジェーンの肖像画が採用されました。
f:id:tokyomanatee:20190915073235j:image

そして、その新札のシリアルナンバー末尾4桁が「1949」という、

このミュージアムの開館した年と同じ数字の紙幣を、

イングランド銀行が寄贈してくれた、と説明されています。

粋なことするじゃないの~(^ ^と思いました。

日本だったら、中央銀行が新札一枚抜き取って特別にどこかに寄贈、

なんて、法的に大丈夫かどうかで物議になるでしょうね。

ちなみに、スコットランドは別の銀行が紙幣発行を行っているので、

スコットランドへ行って、ATMからキャッシングすると、

スコットランドのデザインのものが出てきます。

 

納屋側にのぞんでいる母屋の窓辺です☟

f:id:tokyomanatee:20190915073313j:image

ひょんなことから、兄弟の一人のエドワード・オースティンが

チョウトン・ハウスと広大な敷地を相続したことで、

晩年になって、生活が安定し、

ジェーンの創作が花開く土壌となった、ともいわれていますが、

こうした窓辺で午後におちついたひとときを過ごしていたのかな、

などと想像しました。

 

こちらの写真の右手がチケット売り場とギフトショップです。
f:id:tokyomanatee:20190915073315j:image

 

☟写真右手の看板の「70」の文字は、

1949年の開館以来、今年で70周年を迎えた案内です。

f:id:tokyomanatee:20190915073318j:image

 

ミュージアムには、黒猫さんが住んでいらっしゃいます☟
f:id:tokyomanatee:20190915073321j:image

ビジターにはご機嫌次第でツンデレ対応のようで、

この日は、毛づくろいのお手入れに多忙をきわめていたようで、

カメラ目線はいただけませんでした。。。

 

Jane Austen's Houseの向かい側には、

Casandora's Cupというおしゃれな名前のカフェがあります。


f:id:tokyomanatee:20190915073416j:image

f:id:tokyomanatee:20190915073419j:image

天井からはたくさんのかわいらしいカップがぶらさがっていて、

お昼どきは混み気味のようでした。

ジェーンじゃなくて、お姉さんのカサンドラの名前なところがいいですね!

ベーコンとチーズの乗っかった英国名物ジャック・ポテトをいただきました。

(注文と会計はレジで行うシステムです)

脇付けのサラダもたっぷりあって、とてもおいしかったです。

イギリスは結局、、、ポテトが一番おいしい。。。

ところが!!実は、Chawton Houseの中にも素敵なカフェがあります☟


f:id:tokyomanatee:20190915073440j:image

f:id:tokyomanatee:20190915073443j:image

しかもお値段はCasandora's Cupよりちょっとお安めです。

めずらしいですよね、こうした観光スポットの中のカフェが

周りのカフェより安いというのは。

後から行って「やられた~!こっちにすればよかったかも~」と思いました。

私の下調べの浅さによるものです・・・。

 

さて、そのChawton Houseは、Jane Austen's Houseから

徒歩5分くらいのところにあります。


f:id:tokyomanatee:20190915073553j:image

f:id:tokyomanatee:20190915073600j:image

私はでも説明しましたが、出だしでつまずいてしまったので、

この日は観光に取れる時間が少なくなってしまいました。

しかも、Jane Austen's Houseをたっぷりゆっくり味わっていたので、

余計にもっと広いChawton House用の時間配分ができませんでした。

それでも、広々とした敷地は気持ちよく、

静かでおちついた雰囲気がとても気に入りました。

 

敷地内の教会とその手前の牧場の様子。
f:id:tokyomanatee:20190915073557j:image

教会の隣は小さな墓地になっていて、

ジェーンのお姉さんのカサンドラのお墓がありますよ。

ジェーンのお墓を見に行く時間は今回なかったので、

お姉さんのを発見できてよかったです。

でも離れ離れなのはちょっと寂しいでしょうね。
f:id:tokyomanatee:20190915073703j:image

敷地内にあったジェーンの言葉です☟


f:id:tokyomanatee:20190915073728j:image

f:id:tokyomanatee:20190915073732j:image

 左側は、ジェーンが手紙の中で

Chawton Houseを“Great House”と呼んでいた文章。

そして右は、私が一番好きなPersuasionの中の、

さらに一番好きな一節でした。

チケットなしでも入れる小さな庭の隅にありました。

 

と、いうわけで、ざっくりと、Jane Austen's Houseでした。

もしも次にまたイギリスに行く機会があれば、

もう一度足をのばしたいなぁ、と思いました。

Altonの駅からは少し便の悪い場所にありますが、

駅そのものはロンドンから電車でわずか1時間ですし、

決して行くのが難しい場所ではありません。

1日ゆっくりすごしてみたくなる町でした~。

f:id:tokyomanatee:20190915074140j:image

ジェーンをたずねて②:Jane Austen’s House

あっという間にロンドンでの滞在期間も終えて、

経由地にて日本への帰国便を待っているところです。

1年なんてほんの刹那だなぁ、

と、思いつつも、

確実に1年前と今では、

見える景色も変わりました。

続きを読む