よむためにうまれて

これは、子どもの本の専門店や、気に入った本屋さんのはなし、などなど、上昇気流にのって旋回する沖合いのカモメのように、子どもの本のまわりをぐるぐるする記録です。

ほうじ茶の香りを目印に神楽坂を

最近忙しくなってしまって、ほとんど更新がてきなくなってきました。
(最初からあまり更新してなかったのですが・・・)

 

それでも、どこかを訪問する用事があったり、
ちょっといつもと違う駅で降りる用事のあるときは、
児童書関連で周辺に何かないか情報を探しています。

 

先日訪れてみたのは、お店ではなく、東京理科大学にある科学関連の絵本館です。
森戸記念館という建物の中にあるのですが、
神楽坂の路地の奥にある建物で、これまた方向音痴の私にはハードルの高い探索でした。

続きを読む

サブタイトルを書かない理由とマッティの憂鬱

 ブログを始めて2ヶ月くらい。

そのうち1ヶ月は無投稿で(爆)、

各記事の行間とか改行に統一感がなく(汗)、

斜体とか太文字とか文字色などを変えて見栄えを考えてみるも逆に読みにくい、、(-_-)かもしれない。

使いこなせていない感はあります。

そして見栄え的に最も 「・・・何かが足りない」 という印象を作り出しているのが、タイトル下のサブタイトルですね。

ブログの自己紹介とも言える大事な部分ですね。云わば、コピーですね。このブログの。

さらにはタイトル部分が吹出しになっているので、余計に余白が目立つんですね。

自分のブログのそんな状況は、だいたい把握できているつもりです。

 

 

 

『マッティは今日も憂鬱』(方丈社)という本があります。

続きを読む

東上野で深い緑と本に囲まれる ②

(昨日のパート①からの続きです)

 

Route Booksさんで、福音館文庫シリーズにある石牟礼道子さんの本を見つけて買ったんですけど、
別にその本を見つけたのは、特に子どもの本です、といってコーナーを設けている本棚ではなかったです。
九州関連本か「自然と人間」的なテーマのコーナーにあったような気がします(忘れました、、、)。
私はその置き方がすごく気に入りました。

 

続きを読む

東上野で深い緑と本に囲まれる ①

しばらく更新していなかったらこんなに経ってしまっていました。。。
すっかり季節も変わり始めていますね。

最近は時々、上野のある本屋&カフェに行ったりしてました。

 

そのお話の前に、ちょっと思うところあり、記事のタイトルにお店の名前を入れるのをやめたことを書いておきます(ワザワザ書くことでもないのですが)。
今流行の、不動産紹介風(笑)なタイトルでいくことにします。
本文にいくとお店の名前が出てきます。
ナゼそうしようと思ったかというと、本屋の紹介を私がブログでするなどということがそもそも余計なお世話であって、おこがましいわけです。今はそういうことが普通な世の中なのかもしれませんけど、私は何となく恐縮してしまいます。これはブログ始めるときもかなり違和感と葛藤していた部分です。
そこでちょうどこの上野の本屋の帰りに歩いていて思いついたんです。


さて、その東上野の本屋&カフェですが、児童書の専門店ではありません。
Route Booksというところです。

続きを読む

(ギリシャ)アテネの本屋②

ギリシャに行った際に訪れたアテネの本屋に関する記事①からの続きです。)

 

最後に行った1件は、Bookshop Lemoniです。

古代アゴラに面したプラカとは反対側の通り、アポストル・パヴルウ通りから古代アゴラを背に二股に延びる坂道があるので、右の道を選ぶと、ふたたび道が二股にさけるので、さらに右へと歩いていくと発見できます。

(この本屋の見つけ方をよく覚えているのは、場所が分からずぐるぐるとかなり周りを探し回ったからです。。。極度の方向音痴具合は海外でも遺憾なく威力を発揮するわけです!)

続きを読む

(ギリシャ)アテネの本屋 ①

児童書の専門店のことなどを書いていきたいとブログを始めましたが、

その最初で、後々、海外の本屋のことも書けたらいいなぁ、と考えていました。

早速にもギリシャへ行く機会があったので、アテネで本屋さんを2件ほど、本屋兼カフェを1件ほど見にいってみました。

(写真を取れたのはこのうちの1件だけです)

子どもの本の専門店があれば行ってみたいな、と思ってインターネットで探して見ましたが、専門店はみつかりませんでした。(そもそも無いのかも)

 

カフェ兼本屋さんのお店は、Little Tree Books & Cafeというアテネアクロポリス博物館裏手の道からすぐのところにあるカフェです。

何よりまず名前がかわいいです。

続きを読む

よむためにうまれて―nati per leggere①

「よむためにうまれて」

 

実はこのタイトルは、ボローニャ・ブックフェア物語』(市口桂子著/白水社の中で見つけたものです。

絵本や子どもの本が好きな人なら「ボローニャ」の名前を聞いたことがあるかと思いますが、

イタリアのボローニャで毎年開催されている児童書見本市です。

一般の人が入れる見本市ではなく、完全に出版関係者を中心とした児童書関連の仕事をしている人たちだけが入れる市です。

その世界初の児童書見本市ボローニャ・ブックフェアがどのようにして始まり、

その関係者とボローニャの町がどんなふうにこの見本市を愛し育んできたかを、

この本で詳しく紹介されています。

(上述の一般の人が入れない理由も、本を読むと分かります。)

今や当たり前のように大きな市場になっている児童書出版の世界とボローニャ・ブックフェアですが、読みながら、「確かに、一体誰が発案したんだろう??」と、その当たり前のことを考え付いた街にどんどん興味が湧き出して、ペロっと読めてしまいます。

 

続きを読む