よむためにうまれて

これは、子どもの本の専門店や、気に入った本屋さんのはなし、などなど、上昇気流にのって旋回する沖合いのカモメのように、子どもの本のまわりをぐるぐるする記録です。

知的伝導の町、神保町の殿堂②

(前回の記事)

nplmanatee.hatenadiary.jp

 

 

はい。ブックハウスカフェのつづきです。

入り口を入って左手は特集棚になっていて、この間行ったときには

アンデルセン賞を受賞した角野栄子さんの特集がされていました☆

他にも入り口付近で関係者的な人が立ち話されてたり、

児童書好きなんだろうな~、というママさんが二人で話し込んだりされていて、

中央のカフェスペースでも談笑しているお客さんがたくさん入っているので、

落ち着いた色調の店内の中にも明るさと、人が集まってくる場のにぎやかさがあります。

(本屋さんというと静かにページをめくる雰囲気ですが、

児童書の専門店はやはり独特の明るさと優しさ、やわらかさのようなものを発していますね。

そういうところも、“訪ねて楽しい”空間である一つの理由です。

最近パワースポットという言葉がすっかり定着しちゃってますけど、

私は児童書の専門店の方がよっぽどパワースポットじゃんか、と思っています。笑)

 

カフェスペースを囲むように配置された低めの本棚は、

作家さんのお名前順になっていて、

両隣の壁の本棚は、入り口を背にして右側が手前から読み物のコーナー、

奥へ進むと児童関連の書物、そしてギャラリー入り口付近で展示されている作家さんの絵本が飾られています。

左側はシリーズものや定期刊行のもの、あるいは乗り物などのテーマ別で選べる棚になっています。

(私はこの日、友達の息子さん(←車大好きっ子)に車の絵本を探しにきました)

 

隅々まで見ていると店内を1周し、2周し、あれもそれもと眺めてしまいます。

絵本のほかにも大人向けの普通の書籍が入り口入ってすぐ、レジ付近の棚に並んでいたりして、

神保町を歩き疲れて、本に囲まれて(まさに囲まれてます)お茶でもするか、

という人も利用しに来るのかな~、と思います。

(お茶も食べ物も、ということだとまさに岩波ブックセンターもそうした空間の提供場所ですね。

余談ですが、岩波ブックセンターもいいです。。。

少年少女文庫や、往年の「THE岩波」というべき装丁の岩波文庫が並んでいるのを見ると、

知を支え、その基盤を出版してきたのだ、という矜持のようなものすら感じました。)

 

店内の雰囲気がよかったので写真撮りたいな~と思いつつ、撮りませんでした。

これからも撮らないと思います。笑

(つづく・・・)