よむためにうまれて

これは、子どもの本の専門店や、気に入った本屋さんのはなし、などなど、上昇気流にのって旋回する沖合いのカモメのように、子どもの本のまわりをぐるぐるする記録です。

四条の文化財なお店①

ようやく都内を飛び出し、他の県の児童書専門店について記事を、

と思っていたら、かこさとしさんの訃報でがっくりきていました。

(今年は何となく大きな訃報が多いなぁ、と思うのは気のせいでしょうか。。。)

かこさとしさんのだるまちゃんを友として育った人は多いはずです。。

 

元気をだして!東京以外の児童書専門店、ということでかつての都、京都の専門店を3件巡ってきました。

 

個人的に故郷以外で日本国内で一番好きな街、といえば京都です。

ベタですし、「超」観光地ですけれども、大好きです。

本当は、戦争で東京や他の都市が焼け野原になっていなければ、今でも日本全体に古都のような味わいが残っていたかもしれない、と想像すると、あらためて計り知れない後悔が襲います。

日本には、戦争だけではなく、地震津波もありますから、いずれはどの都市も新陳代謝をしていく島国なのかもしれませんが。

それでも、家屋や町並みは生活様式を育みますから、

美意識が様式を生み出し、反対に様式も美意識を育てる。

そういう長いサイクルがとどまっている基本的な場が、家屋や町並みだと思います。

だから、家並みや街そのものが無くなることは、自分の生活に対する慈しみや誇りみたいなものも一緒に失うことに近い。

庭の花を愛でる、とか、通りに面した軒先のちょっとしたスペースに心を配る、とか、自分の家の前の落ち葉を毎朝掃除する、とか、

そういった日常で心を寄り添わせる暮らしぶりの垣間見える空間が、都内には本当にないです。。。

 

書き出しで全然違う話をだらだらとしてしまいました。

でも、京都大好きだ、という気持ちの根っこにある思いをちょっと書いてみました。

京都はやはり町自体の趣が桁違いにあるので、お店を訪ねていくにも素敵な町並みを堪能しました。

お店までの道のりまで合わせて、訪ねるのがすごく楽しかったです。

 

京都の児童書専門店で最初に名前が挙がるお店は、四条にあるメリーゴーランドです。

泊まった宿の方や、他の児童書のお店の方からも、京都ではあそこ、という感じで名前があがりました。

もともと三重県にあったメリーゴーランド本店の京都店だそうです(2007年開店)。

 

四条大橋角の、鴨川沿いに立つ有名な北京料理屋の東華菜館の横の路地から歩いてみました。

f:id:tokyomanatee:20180520204818j:image

花の季節や新緑の季節には散策がとっても気持ちよいです。

観光客の方がたくさんそぞろ歩いていました。 

f:id:tokyomanatee:20180520204842j:image f:id:tokyomanatee:20180520204903j:image

 

次来るときは、こんなゲストハウスに泊まりたい。

f:id:tokyomanatee:20180520204934j:image

(京都は人気の宿屋さんはいつも予約がいっぱいでなかなか取れない。。。)

 

メリーゴーランドの建物に入るには、この路地から、大通りの河原町通りへ出ます。

すると現れるこの「グンイデルビ壽」の文字。壽ビルディングです。

f:id:tokyomanatee:20180520205040j:imagef:id:tokyomanatee:20180520205058j:image

国の登録有形文化財に指定されています。

横の街灯から入り口を囲むレリーフまで素晴らしい趣を醸し出しています。

 

(つづく・・・)