よむためにうまれて

これは、子どもの本の専門店や、気に入った本屋さんのはなし、などなど、上昇気流にのって旋回する沖合いのカモメのように、子どもの本のまわりをぐるぐるする記録です。

四条の文化財なお店③

の続きです。

 

5階まであがると、

f:id:tokyomanatee:20180520205434j:image

「子どもの本の専門店 メリーゴーランド」の文字。

f:id:tokyomanatee:20180520205450j:image

ギャラリースペースと店舗スペースとあり、

古いビルなので、スペース自体は比較的小さめかもしれませんが、

その分、お店の空気感というのが凝集されていて、

ビルの雰囲気とあわさって、懐かしさを感じさせます。

(例によって、店内のお写真はありませんが、有名店なので検索すると素敵なお写真がざくざく出てきますので、そちらをご覧ください・・・。)

 

 

 きっと常連さんやギャラリー関係のお客さんも多いのでしょう。

店主の方は、お知り合いのお子さんに絵本を買いたい、というご相談などに乗られて、

さまざまな絵本を推薦されていました。

 

気に入った絵本は、子どもは何度も何度も読みますから、

この子はどんな絵本が好きかな、これなら気に入るかな、と想像しながら選ぶ時間の、

なんてあたたかいことか、と思い、そんな時間にいつも感謝しながら絵本を選びます。

そうして選んだ絵本が「お気に入り」に加わってくれたときは、さらに喜びがあります。

選ぶこと、読むこと、お気に入りになること、お気に入りだったなぁ、と思い出すこと。

そういう時間それぞれにそれぞれの楽しさがあって、

人生にわくわくするものを与えてくれるのも、

児童文学の豊かさのひとつ。

 

入って手前左手(だったかな、行ってからだいぶ時間が経っています)に、

お店のそのときのお薦め本が並んでいたので、じっくりチェックしました。

カードや小物、児童書だけでなく大人用の読み物も面白い品揃えでした。

 

ビルがもつ落ち着いた雰囲気の中で本選びを堪能できる。

それだけでぜいたくなお店だなぁ、、こんなお店のある京都、やっぱりいいなぁ、、と思っていました。

 

建物、お店すべて含めて、多くの人に愛されているお店であることが実感できました!

 

京都のお店は他に2店訪ねたので、まだまだ続きます。