よむためにうまれて

これは、子どもの本の専門店や、気に入った本屋さんのはなし、などなど、上昇気流にのって旋回する沖合いのカモメのように、子どもの本のまわりをぐるぐるする記録です。

京都・桂の贅沢な小部屋①

京都の児童書専門店で、

訪ねてみたいな、と思っていたもう一軒は、

桂にある えほん館 というところです。

 

桂で降りたのは初めてでしたが、

友人から、

「お酒の神様(松尾大社)とか鈴虫寺とか、桂からちょっと行くだけで面白い場所があんで」

と教えてもらっていたので、

そちらにも寄り道をしてから訪ねました。

松尾谷のけむるような春の気配をいっぱい吸い込んで、

緑を楽しんでから、

午後、桂へ戻ってきてえほん館を堪能しました。

こういうオプションを付けられるところがまた京都の素晴らしさ。

 

駅からの道順は、方向音痴の私でも

あまり迷わず(多少は迷います。。曲がるべき角で曲がらず直進しちゃったりとか。ただ、比較的わかりやすいです)たどりつけます。

 

桂駅東口前にあるロータリーに向かって

左へのびる線路沿いの道をまっすぐ進んでいくと、

医院のある角に出ますので、

f:id:tokyomanatee:20180527145143j:image

そこを右へ曲がり、

さらにすぐ次の横道を左へ曲がると、

こんな感じでお地蔵様の見守る三角州的な区画に出ます。

(お地蔵様の佇まいが抜群にステキでした!)

f:id:tokyomanatee:20180415220308j:image

そしてこの赤い看板が、えほん館!

f:id:tokyomanatee:20180415220312j:image

 

入り口は本当に普通の民家で、

看板に誘ってもらわなかったら

ちょっとドアを開けるのに勇気がいるかも。

でもこの赤い看板が何となく

さっきのお地蔵様の雰囲気とも合っていて、

路地裏の本屋さん、という趣きがありました。

f:id:tokyomanatee:20180415220332j:image

 

(つづく、、)