よむためにうまれて

これは、子どもの本の専門店や、気に入った本屋さんのはなし、などなど、上昇気流にのって旋回する沖合いのカモメのように、子どもの本のまわりをぐるぐるする記録です。

トールキン展

行った感想ではありません。

トールキン:中つ国の創造者」

行けたらどんなにいいでしょう~、という話です。

What's On? | Tolkien: Maker of Middle-earth

 

オックスフォード大学のボドリアン図書館で昨日から10月28日まで開催されるトールキン展。

行きたすぎてイギリス自体に嫉妬を感じるほどです。笑

どうしてこの国はこんなにも文学の世界最高峰なのでしょうか。

いやいや、もちろん日本も最高峰の一角を占めていますが。

 

展示はトールキンのアーティスト、詩人、言語学者、作家としての天才っぷり、

学術界でのキャリアやプライベートに迫るそうです。

展示のうたい文句は ”once-in-a-generation exhibition" 世紀に一度の展示、ということで、

そう言われると是が非でも行きたい、、、と思ってしまいます。

私物など、今回世界初展示の物がたくさんあるそうです。

入場料は無料、ということですが、入場に際して予約が要り、

その予約手数料として1£を払えばよいそうです。

夏、イギリスへの渡航など計画されている方はぜひぜひ。

 

10月28日までですから、まだチャンスは5ヶ月間ありますね・・・

 

実は今秋からイギリスへ留学することにしています。

(そんな話も後々ブログに書けたらと思います)

 

大学そのものがもはや世界遺産的な存在と言ってもよく、

機会があれば行きたいなぁぁ。。。

 

 

 オックスフォードへいきたしと思へども

 オックスフォードはあまりに遠し

、、、ということで、

 

その代わりにトールキン展に関するガーディアン紙の記事を貼っておきます。

www.theguardian.com