よむためにうまれて

これは、子どもの本の専門店や、気に入った本屋さんのはなし、などなど、上昇気流にのって旋回する沖合いのカモメのように、子どもの本のまわりをぐるぐるする記録です。

雨上がりの色

 

 

ここでは、いつでも青空は

 

 

雨上がり。

 

 

f:id:tokyomanatee:20181103015646j:image

 

 

児童文学は、子どものためのものなのか、大人の作品でしかないのか、

 

 

と、いつも学者は問う。

 

 

私は、答えを探そうとして、いつもブーバーを思い出す。

 

答えはいつもある。在り方の中に。

 

 

 

青空は、いつも別の天気の合間に現れるものなのか、

 

それとも、

 

曇り空のときも、雨のときも雹のときも雪のときも、

 

いつも雲の上には在るものなのか、

 

どちらだろうか。