よむためにうまれて

これは、子どもの本の専門店や、気に入った本屋さんのはなし、などなど、上昇気流にのって旋回する沖合いのカモメのように、子どもの本のまわりをぐるぐるする記録です。

桜に似た花の狂い咲きか否かは、だれが決めるのか

寮の敷地内に、桜によく似た木が花をつけていて、

 

毎朝、そこの前を通るときに「こっちでも狂い咲きか~」と思いながら、

 

それでもこの桜に似た華憐さに懐かしさをもらいながら、

 

眺めている。

 

f:id:tokyomanatee:20181109111614j:image

 

でも、

 

今日見たらどんどん花が増えていて、

 

もしかして狂い咲きだと思っているのは私の勘違いで、

 

ふつうにこの花の開花時期が、

 

この、ほぼ冬になりかけている11月の肌寒い時季なのかもしれない、

 

と思った。

 

 

その花の開花時期が「狂い咲き」なのか否か、という問いには、

 

その花のことをよく知っていない限り、答えられない。

 

あるいは、狂い咲きなのかもしれないけれど、

 

今年この時季、その花が開花してしまえ!と思ったなら、

 

花開きたくなる気温だと感じたのだとしたら、

 

それは「狂い咲き」と呼んで正しいのだろうか。

 

 

言葉はいつも、一方向からしか当てられない懐中電灯でしかなく、

 

あまねく照らしてくれる太陽や月の光ではない。

 

自分の光の射程距離を知るには、

 

誰しもが皆、どこかしら、自分も「狂い咲き」の分類に入ることを知り直すしかない。