よむためにうまれて

これは、子どもの本の専門店や、気に入った本屋さんのはなし、などなど、上昇気流にのって旋回する沖合いのカモメのように、子どもの本のまわりをぐるぐるする記録です。

通学路にはいつもネコ。

どうも、ネコです。

 

f:id:tokyomanatee:20181126060951j:image

 

トウキョウマナティさん、いろいろあっても、

先日、姪っこに絵本をおくったそうです。

お誕生日だったとかで。

 

はらぺこあおむしが、おうちにないっていうんで、

一家に一冊、てことで『はらぺこあおむし』。

 

それから、『ロージーのおさんぽ』で、

ドキドキ きゃあきゃあ ヒョコヒョコ

あじわったらたのしいんじゃないか、

てことで、ロージーも。

 

あと、『いたずらえほんがたべちゃった!』を入れたそうです。

それは、単純に、トウキョウマナティさんが、

この絵本で姪っこと一緒にあそびたいから、

という自分の理由で。

 

 

まさに、

この窓枠に、わたしがたたずんでこそ、

このカーテンのいろと、建物が際立つように、

絵本はこどもの参加があってはじめて成立する、

ていうことを、あじわってもらいたいんだとか。

 

 

そんな小理屈をごねなくても、

たのしいものは、たのしいですよ。

 

わたしは、ちなみに、毎日ここにいるのがすき。