よむためにうまれて

これは、子どもの本の専門店や、気に入った本屋さんのはなし、などなど、上昇気流にのって旋回する沖合いのカモメのように、子どもの本のまわりをぐるぐるする記録です。

児童文学を学ぶための留学  ー大学列挙編①

久しぶりの更新となります。

クリスマス休暇中に、一度日本へ戻ってきました。

 

さて、前から載せようと思っていた留学情報シリーズ「大学列挙」編です。

とりあえず私が調べた範囲の中での

児童文学を学べる大学を列挙してみようと思います。

 

<カナダ>

1.ブリティッシュコロンビア大学

こちらの大学は、児童文学研究で進学するならかなり有名ですね。

大学そのもののランキングも大変高く、世界的にも有名です。

私の今学んでいるコースの友達が、ここへ来る前に短期の研修的な旅行で、

ブリティッシュコロンビアに行く機会があったそうで、

そのときの図書館の写真を見せてもらいました。

豊富な児童書の棚が素晴らしく、

ここに行ける方はこの上ない幸せすぎる2年間を過ごせるものと思います。

また、ネットで探すと恐らくここのマスターで書かれた論文の題名などもチェックできると思うので、興味のある方はチェックされたらよいかと思います。

ここで書ける論文の幅広さは魅力的な特色です。

つまりそれだけさまざまな研究をカバーできる講師陣がそろっているということですね。

恐らく、コースモジュールでは「カナダ児童文学」が必須なので、

カナダの児童文学を学びたい人は聖地のような大学でしょう。

 

 

 

 <オーストラリア>

2.マッコーリー大学

オーストラリアのマッコーリー大学は、何といっても、ジョン・スティーブンスが名誉教授の大学です。

児童文学のイデオロギー研究をされたい方は要チェックな大学ですね。

オーストラリアなので、当然アジアの留学生も多いだろうと思います。

そうした環境も一つの魅力ですね。

教授陣、環境、蔵書量、マスターで留学しようとすると、

いろいろポイントはありますが、

同じコース仲間が、どこの国から来ているかもとっても大事なポイントだな、

と私は考えていました。

なので実は、ここにもアプライしようとしておりました。

が、何と2018年度はコースを開講しないことになった、

との通知が来てしまい、途中でアプライを断念した事実があります。

後から留学経験者の知人に聞きましたが、

海外の大学だと、こうしたことも結構あるらしいです。

とても悔しいし、日本だったらあり得ないな~、、(泣)と思いましたが、

(日本だったらもっと早くからHPで「20〇〇年度募集合格者をもちまして本コースは閉講いたします」的な通知が出ますよね。。。)

それも一つの縁だった、と捉えるしかないです。

また、募集をかけない、ということは

それだけその大学のそのコースの資金繰りや、応募者数や、

講師陣をそろえることなどに、

何らかの困難な状況があるのかもしれません。

そうなると、やはりまぁ、別の大学に行くか、

という話にもなってきます。

 

 では、次回はイギリスの大学へ移ります!

 

 

#留学 #子どもの本 #児童文学 #海外の大学