よむためにうまれて

子どもの本の専門店や本屋さんのはなしなどの記録。上昇気流にのって旋回する沖合いのカモメのように、子どもの本のまわりをぐるぐるしながら、ぷかぷかと日々に浮かぶマナティのような個人的記録も編んでいます。

(イギリス) グラスゴーの古本屋さん② Thistle Bookshop

ロンドンからもどって、スコットランドはまた雨の日々がつづいています。

部屋の中では春物を着ていますが、

外へでるときは、またダウンを着ています。

晴れる日はとても暑くなるのですが、

雨がふるととたんに寒さがもどってきます。

 

3月ころからお花がたくさん咲きはじめ、

大学のキャンパスを通るたびに、

つぎつぎと新しい花がみられるのを、

とても楽しみにしています。

3月、4月をすぎ、5月にはいると

白い花がめだってきました。

季節によって色どりがどんどん変わっていくのは、

本当にすばらしいなぁ、と毎日思っています。

もうすぐ6月になる最近は、

新緑のあざやかさが見事で、

足がふと止まるくらいの緑の美しさです。

そんなお花や緑もブログで今度ご紹介したいな~、

と思いつつ・・・、

今日も本屋さんの紹介です。

ロンドン旅行の記事の途中ですが、

今日はグラスゴーの本屋さんです。

グラスゴー大学のキャンパスからすぐ近くにある古本屋さん、

Thistle Bookshopです。

Thistle・・・アザミはスコットランドの国花です。

子どもの本屋さんではないので、

あまり興味深くは店内をチェックしていませんが、笑

でも、すごく落ちついた空間になっています。

☟この lane 小道に入っていくと、駐車場があり、

f:id:tokyomanatee:20190322000535j:image

 

f:id:tokyomanatee:20190322000540j:image

(看板です)

駐車場の奥に本屋さんがあります。

f:id:tokyomanatee:20190322000544j:image

グラスゴーエジンバラも、このちょっとした小道が、

おもむきがあっていいです。

ついつい寄り道をして入ってみたくなります。

こちらの本屋さんは、古本と、多くの譜面をとりそろえていました。

私は音楽の譜面に詳しくはないですが、

教会音楽の譜面なども扱っているようでした。

おじいさんが

「何か特別おさがしのものはありますか?」

と声をかけてくださいました。

「特にはありません~」

とお返事して、さらっと物色して出てきました。

大学も近いので、学術書も多いです。

平日の昼間でしたが、店内には3~4人の男性客がいました。

老舗感のあるおちついた雰囲気ですし、

音楽好きな方は堪能できるかと思います。

 

 

お天気予報は1週間雨マークがならんでいます。

20度にはとどかない気温のわりに、

日照時間はみるみるのびています。

夕方が夜の10時くらいになってきました。

体がついていけないので、

NHKの夜の9時のニュースなどを9時に見たりして、

すこし気分を夜だ、と切り替えるようにしています。

まぁ、しかし図書館にこもって論文にとりかかるには、

雨はよいです。