よむためにうまれて

これは、子どもの本の専門店や、気に入った本屋さんのはなし、などなど、上昇気流にのって旋回する沖合いのカモメのように、子どもの本のまわりをぐるぐるする記録です。

『君の名は。』と『あやとりの記』と往還道②

こんにちは。トウキョウマナティです。

前回の続きからです。

 

で、『君の名は。』を観終わって、もう一度『あやとりの記』をぱらぱら捲っていて、その思いを強くしました。

石牟礼道子さんが描き出してくれたものは、

この列島すべての根底にあって、

日本人全体の“ファンタジー”を今も形成しているんじゃないか、と思われました。 

 

   “ものたちは、宇宙の呼吸に、あの低められた静かな呼吸にうながされて語り、

   あるいは唄っているように思えました。

    それはまったく、生命たちの賑いとでもいうべき夕べでした。

   この黄昏から夜に入ってゆくあいだというものは、

   大地の深いところで演奏されている生命のシンフォニーが、

   降る雪に呼吸を合わせて、静かに地表にせり上がってくる、

   そういう時間だったのです。

   ものたちは観客でもあり、

   大地や潮の生命を持っているシンフォニーの一員でもあったのです。

   ......

   往還道とはそういう道なのでした。 

   この道は、じつにいろいろなものたちでできあがっていて、

   もう草花の賑いだけでも、その香りで、

   蝶たちを呼び寄せていました。

   そのようなあいだを通って、

   蝸牛は蝸牛の、蟻は蟻の、おけらはおけらの往還道を持っている、というぐあいです。”

 

夕暮れどきの、小さな生き物のそわそわした気配が、

とてもやわらかく、いとおしく描かれています。

この映画をたくさんの人が観にいったのは、

多くの人の中にいる“一員”が、この映画の「たどがれどき」に惹きつけられて参加した、

一種の祭りだったと想像してみるのも、おもしろいかもしれません。

君の名は。』の「たそがれどき」も、『あやとりの記』の往還道に連なるものだ、

と安易に言いたいわけではありませんが、

でも、昔は大掛かりな装置も壮大なスケールも必要なくて、

人間の生活するすぐそばに、そんな境界がたくさんあったのでしょう。

 

映画の中で山奥の田舎と、都心の大都会が交錯していくのが、面白いな、と思いました。

きっと、双方の場所には双方の時間と現実/「現実」があり、

その現実が故に「現実」を捉えられない空間がある。

それが違う時空間へ向かう意識が働いたときに、

逆説的に目の前の“夢”が崩れて、「現実」がたち現れる。 

.... うゐのおくやまけふこえて あさきゆめみしゑひもせす

 です。ね。

(・・・・う~ん、2018年のお正月に、いろは歌留多をして遊んだ子どもって、一体今の日本にどれくらいいるのかしら。)

ともあれ、面白かったです。

石牟礼道子さんの本も、もう一度たくさんの人たちに読まれてほしいな、

と願った正月でありました。

   “みっちんは胸がずくずくするのをおぼえました。

   川という不思議なものは、いったいどういうふうにはじまっているのか、

   とても柔らかい、いのちのはじまるところへ、

   連れてゆかれそうな気がしたからです。”